ひかり電話のメリット TOP

このサイトについて

NTT東日本・西日本が提供するひかり電話というサービス、もはや一般家庭やオフィスでも浸透してきています。
ひかり電話はIP電話でフレッツ光というインターネットサービスに加入していれば、光回線を利用して通話ができるようになります。
しかし、ひかり電話でも電話回線を使った加入電話(普通の電話)でも単純に電話をする、ということに関しては変わりません。
ひかり電話と加入電話は一体どんな違いが出てくるのでしょうか?
実はひかり電話と加入電話はさほど違いはありませんし、特別な変更点もありません。

よく気にされるのが品質ですが、ひかり電話の音質は加入電話とほとんど変わりはない、と言われています。
また、電話番号も加入電話の電話番号をそのままひかり電話でも利用することができますし、電話機も一部の電話機をISDN対応機種、G4FAXなどの一部の機種を除いてほとんどそのまま利用できます。
このように加入電話とほとんど同じ環境ということです。

では、ひかり電話のメリットというのは何であって、なんでそんなに普及しているのか?ということになりますが、IP電話になるので料金が非常に安くなるというメリットがあります。それに魅力を感じ加入する方が多いのです。

    コンテンツ一覧

    おすすめ最新情報

    外出時にお手元の携帯へ転送できて、相手先番号の表示も可能な多機能転送サービスを考えているなら、かかってきた電話を転送元の電話機を呼び出すことなく直接転送が可能なのでオススメです。
    なぜ料金が安く電話回線がひけるのか、電話番号はどうなるのかなどおとくラインへ質問を考えているなら、電話回線に関する疑問が多く記載されているので、すばやく解決出来てオススメです。
    Copyright(C) ひかり電話のメリット All Rights Reserved.